青汁の効果と危険性

青汁の代名詞であるケールについて

ケールとはどんな野菜ですか

ケールhttp://xn--fswr23g.la/a_8.htmlは約4500年前に地中海沿岸で生まれたと言われておりますが、現在作られている葉物野菜はほとんどがアブラナ科に属しており、ケールはその原種と言われています。かの古代ギリシャのピタゴラスはケールに含まれる豊富な栄養成分を食して「元気と落ち着いた気分をもたらす野菜」と評価しており、現在でも「スーパー野菜」、「緑黄色野菜の王様」などと呼ばれているほど高い生命力をもつ健康野菜です。

日本には江戸時代のはじめに入ってきたとされていますが、江戸から昭和のはじめまで観賞用として使われていましたが、その後、第二次対戦後になってから食用として野菜不足を補うための栄養補給という観点で青汁として病院食・給食に使われました。

ケールには強い苦味と独特の香りがありましたので、日本ではほとんど青汁に加工して飲まれますが、ヨーロッパでは苦味を少なくするために加熱して、ポタージュ・ロールキャベツ・揚げ物などに入れて食べられているのが一般的です。

ケールって何に良いのですか

ケールには豊富な栄養素が含まれており、さまざまな健康効果を引き出す野菜として知られています。含まれている栄養成分を代表的な野菜と比較すると次のようになります。

含まれている栄養成分

  • 食物繊維
  • ビタミン類 10種類
    βカロチンビタミンンA・ビタミンB1・B2・B6、ビタミンC・ビタミンE、ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビオチン)/li>
  • ミネラ 5種類
    カルシム・マグネシウム・亜鉛・鉄・銅
  • その他
    ルチン、メラトニン

他の野菜との比較

  • トマトとの比較
    すべての栄養成分がトマトより多い
  • ピーマンとの比較
    食物繊維・ビタミン9種類・ミネラル4種類がピーマンより多い
  • ニンジンとの比較
    食物繊維・ビタミン8種類・ミネラル5種類がニンジンより多い
  • カボチャとの比較
    食物繊維・ビタミン5種類・ミネラル3種類がカボチャより多い

健康への効果

このような豊富な栄養成分が含まれているケールにはどのような医学的効果が認められているのでしょうか。次にその効果と要因となる栄誉成分をリストアップしますので、参考にしてください。

老化防止効果ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE
ストレス防止効果ビタミンC、カルシム
目の機能改善効果ルチン、βカロチン
皮膚の改善効果ビタミンC、βカロチン
免疫力増強効果ビタミンC、βカロチン
骨と歯の強化カルシウム
便秘解消効果食物繊維

まさしく、ケールがスーパー野菜と呼ばれるだけの理由がここにあります。

どのようなケール青汁を選べば良いですか

青汁には原料の野菜としては明日葉・大麦若葉などの多くの野菜が使われていますが、文部科学省が編集している「食品成分データベース」で青汁を見てみるとケールと明日葉しか掲載されていないのです。このことは、青汁の成分情報の中で他の原料については客観的な成分に関する情報はなく、あくまでメーカー独自のデータを公表しているということです。

このようなことからも、ケールの成分量の多い青汁をのむことが効果的でからだに良いことが期待できます。最近では、ケール100%の商品も販売されていますので、ぜひ試してください。

page top