青汁の効果と危険性

中性脂肪は青汁が減らしてくれる?

中性脂肪とはどんな物質ですか

中性脂肪は健康診断の時にはコレステロール値と一緒によく聞く言葉ですが、どうしてもコレステロール値が気になって、忘れられやすい項目です。しかし、中性脂肪とはトリグリセライド(TG)とも呼ばれており、我々のからだを動かすエネルギー源ですので非常に大切な物質です。

我々のからだは、食べ物から取られた脂質が小腸から血液に入り、からだの生命維持活動に使われます。そのあとに、余ったエネルギーは中性脂肪として備蓄されるしくみになっています。中性脂肪とは贅肉であり、皮下脂肪なのですがこの脂肪分が内臓を保護して体温を一定に維持する働きがあります。中性脂肪は、炭水化物の摂取・飲酒によって増加しますので、健康診断の前夜には午後8時ごろまでに食事・飲酒を済ませるように指示されるのは、検査数値に影響をおよぼすからです。

中性脂肪は健康にどんな悪影響を与えますか

中性脂肪の検査値の基準範囲は男女とも50~149mg/dlとなっていますが、150mg/dl以上になると脂質異常症として診断される可能性があります。

中性脂肪が増加すると悪玉コレステロールであるLDLを増やし、善玉コレステロールであるHDLを減少させてしまい、LDLと一緒に血管壁に付着して、血液の流れを悪くします。この結果、動脈硬化の状態となり、最終的には狭心症・心筋梗塞・脳卒中などの血管系の疾病を引き起こす可能性があります。また、中性脂肪は肝臓で作られていますが、増加すると肝臓に脂肪がつく脂肪肝となり、その後悪化して肝臓の機能が低下すると肝硬変・肝臓がんを引き起こします。

このように、中性脂肪の増加は多くの健康被害ももたらしますので、もし、検査数値が高い場合は減少させるように努力する必要があります。

中性脂肪は青汁を飲むことによって減らすことはできるのですか

中性脂肪を減らす成分としては青魚に含まれるDHA/EPAが良いとされていますが、実は青汁にも中性脂肪を下げる効果があることがわかっています。

次のような成分が効果を発揮しますので、参照してください。

水溶性食物繊維

青汁の原料は緑黄色野菜だけですので、豊富な食物繊維を含んでいます。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありますが、青汁には両方の成分が含まれています。この中で、水溶性食物繊維が腸の中で中性脂肪・コレステロールとくっつきからだの外に便として排泄する働きがあります。

ポリフェノールの一種であるカルコン

原料に使われている明日葉青汁にはポリフェノールの一種でからだの中の脂肪を代謝させる働きのあるカルコンという物質を含んでいます。このカルコンは、中性脂肪の量を減少させる効果があり、さらに、脂肪肝・動脈硬化の予防・改善にも効果があることがわかっています。

デオキシノジリマイシン(DN)

青汁の原料である桑の葉に含まれるDNは、食事したあとの血糖値の上昇を抑える働きがあることで知られていますが、現在、中性脂肪・LDLも下げる働きがあるとのことで注目されています。

抗酸化物質

青汁に豊富に含まれるビタミンC、ビタミンE,ポリフェノール、βカロチンには強い抗酸化作用がありますので、コレステロールの酸化によって起きる動脈硬化を予防する働きがあります。このようにコレステロールが消費されることによって中性脂肪も減少します。

前記の栄養成分以外にも、大麦若葉・明日葉に含まれるSODという酵素・フラボノイドも中性脂肪を減らす効果を持っています。このように、青汁は健康効果万能飲料ということになりますので、積極的に摂取してください。

page top